サイトメニュー

症状を正確に伝える

男性

通い続けられる病院を選ぶ

精神病の診断をつけるためには病院を受診する必要があり、専門の知識と経験のある医師の診察を受けることが大切です。体の病気を診ることが専門の医師では診断をつけることが難しいことがあるので、できる限り精神病を専門に扱っている病院を選ぶようにしましょう。精神病を診てもらうためには精神科、心療内科などが代表的な診療科です。しかし、元々持病がある場合には、これらの病院にかかる前にかかり付け医にかかっておくことも大切になります。精神的な症状が起きている原因が体の病気に関係している可能性があり、その場合には体の病気の治療を先に行う必要があるかもしれません。また内服治療が始まった時に薬の飲み合わせなどを考える必要があるので、自分で飲んでいる薬や病状についての説明ができない時には紹介状を書いてもらうと安心です。こういった理由があるので、持病がある人は事前にかかり付け医に相談をしておきましょう。また診察を受ける時には、症状を簡単にまとめていくことをおすすめします。こういった病気は見た目だけで診断をつけることができないので、あらわれている症状を患者本人に聞いて、それを元にして判断します。つまり適切に説明ができない場合には診断をつけるのが難しくなる可能性があるということです。診察を受ける時に医師を前にすると緊張して症状を言いにくいという人や、気持ちの浮き沈みが激しく正しく症状の説明ができない恐れがあるという人は、あらかじめ症状をまとめておき、それを医師に見せると正確に症状を使えることができます。精神病の診断をつけるための病院を選ぶ時には内容はもちろんですが、通いやすい場所にあるところを選ぶことも大切です。この病気は内服治療が中心になりますが、薬を飲み始めてすぐに治る病気ではありません。定期的に病院に通院をして、薬の管理をしたり症状に合わせて薬の種類を変えたりしていきます。そのため、通いにくい場所にあったり、通院に時間がかかりすぎたりしてしまうと通院が大きな負担になってしまうことがあります。精神病の時には外に出て活動をすることに苦痛を感じるような症状がでることもあるので、特に通院の負担が大きくなりがちです。症状に変化があった時には、できるだけ早く受診をすることが望ましいので、すぐにかかることのできる環境にあることが大切です。医師との相性などもあるので、距離だけで選ぶことはできませんが、最初に病院を選ぶ時には、自分が今後も通うことができるかどうかまで考えて病院決めを行いましょう。どうしても内容に満足ができない時には、多少遠い場所にあるところに変更するしかありませんが、電車の混み具合や乗り換えの数など、自分にとって負担が少ないと思えるような場所にあるところを選ぶことをおすすめします。実際に通ってみて、受診が苦痛に感じるようになった時にも診断を受けたところとは別の病院を受診してみましょう。他の病院にかかっていることを伝え、内服している薬が重ならないようにできるのであれば、別の病院を受診することはしてはいけないことではありません。どこの病院にかかるかは患者側が決める権利があるので、自分にとって最もよい病院選びをしましょう。

Copyright© 2018 精神病の診断は医師に任せよう【素人で判断するのは困難】 All Rights Reserved.